出版業界の再生を考える

−新陳代謝を求めて−

講師:ノセ事務所 代表 能勢 仁 氏


■日時 2019年12月4日(水) 午後6時15分〜午後8時30分
■会場 文化産業信用組合 会議室
      (千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル3階)
■会費 7,000円
■企画 出版研究センター
■主催 出版ビジネススクール事務局
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-25-6 ニューライトビル1024
      TEL(03)3868-2814 / FAX(03)3868-2824

ご参加のおすすめ

 令和になって変わったことは何でしょうか。安倍内閣の長期政権記録でしょうか。軽減税率は出版業界には適応されないまま10%の消費税時代になりました。まだその結果は出ていませんが、業界は動いています。日本橋コレドに台湾No.2(売上)の誠品書店が上陸して参りました。20年前にアマゾンが上陸したことが昨日のことの様です。20年間売上アップのアマゾンに対して、20年売上ダウンの日本の出版業界とは全く正反対です。その原因は何でしょうか。業界に新陳代謝がないからです。
 新陳代謝とは何なのか、探すゼミナールが今回の勉強会です。どうぞ、お誘いあわせの上、ご参加ください。



《主な講演内容》

◎講座の内容は、時間の都合で若干変わる場合があります。
1.平成30年間に見たこと
1) 出版天候 晴れの時代
2) 出版天候 晴れのち曇りの時代
3) 出版天候 曇りのち土砂降りの時代 時々薄日
2.平成出版興亡史
取次、出版社、書店、図書館、読者の変遷
3.海外出版事情を見る
アメリカ、ヨーロッパ、アジア
ヒントになること
日本の後進性
4.業界の新陳代謝を考える
・出版社の対応
・書店の対応
・取次の対応
・広告はどうなのか
・流通のセグメント
5.業界の広告を分析する
6.世界に一つしかない制度  −再販制度−

【講師略歴】
能勢 仁 (のせ まさし) 氏

1958年慶應義塾大学文学部卒業、高校教諭を経て、椛ス田屋 常務取締役、
(株)平安堂 取締役FC研修部長、(株)アスキー 取締役出版営業統轄部長、太洋社勤務、
1995年ノセ事務所設立、書店クリニック出版コンサルタントとして今日に至る。

主な著書 「世界の本屋さん見て歩き」出版メディアパル
       「本の世界に生きて50年」論創社、「商人の機微」中央経済社
       「昭和の出版が歩んだ道」出版メディアパル、等20数点。
       「本を知る本」ミネルヴァ書房刊
       「出版業界版 悪魔の辞典」出版メディアパル刊
       <カラー版>「世界の本屋さん図鑑」出版メディアパル刊
新刊   : 「平成出版データブック ――『出版年鑑』から読む30年史」
連載中 : クロスメディア かわら版 「飛び出せ!世界の本屋さん」


お申し込みはこのホームページまたは FAX にて受け付けております。

このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
FAXでお申し込みの方はこちらをクリックしてください。